未分類

夏の皮膚科事情

夏、皮膚科は繁忙期になります。

強い日差し、汗によるトラブル、虫などによるトラブルも増えます。

急激な日焼けに対しても、皮膚科のお薬で症状が和らぐことがあります。基本は帽子、日傘、日焼け止めで予防していただくことが一番ですが、日焼けしてしまって困った際には皮膚科にご相談下さい。

当院にいらしてくださる患者様にはシミやイボのご相談の方も多いですが、日に焼けない場所の治療であれば夏でも構わないのですが、日焼けしやすい部分に関しては日差しが弱まる秋以降をお勧めしています。

治療を行って、その後日に焼けるとより色素沈着が起こりやすくなる治療があるためです。

夏の間はしっかり紫外線対策をして、秋以降に気になるシミやイボを治療し、より良いお肌づくりをお手伝いできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です